FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
渡辺あやさん
朝の連続ドラマ「カーネーション」がとうとう終わる。最近なんやかやと忙しかったり病気したりしていたのだが、このドラマだけは録画しても見たいドラマだった。

俳優たちもよかったが、なんと言っても渡辺あやの脚本がすばらしい。

糸子が出征する夫の背中を見つめながら言う「このすばらしいからだと心を石炭のようにぼんぼん燃やすなんて日本は何考えてるんや」のせりふや、髪結いのおばちゃんが戦争で心を病んだ息子について「あの子は戦争でひどい事されてああなったと思ってたけど違うとわかった。ひどいことをしたからなんや」というせりふなどとても40そこそこの女性が書いたとは思えないほどだ。

こんなすごい人が出てくると日本もまだまだ捨てたもんやないと思えてくる。

糸子のモデルは小篠綾子さんだが、小篠さんの不倫は実際は20年もの同棲という堂々たる(!)ものだったらしい。そこを渡辺さんは上手に朝ドラでも受け入れられるように料理している。渡辺さんはWISEなだけでなくSMARTでもある。

心に残るせりふはたくさんあるが特に心に残ったのは、「歳をとったら体は動かんようになり廻りは死んでいき寂しい思いをする」と言うほっしゃんに「へたれはへたれで泣いとれ。相手があの世行っても(自分と相手との愛や心の交流は)なんもかわらん」というせりふ。

いまなんやかやとへたりやすいこと多いけど、このせりふを聞いてひざをうった。そう、「へたれはへたれで泣いとれ。」である。

ところで渡辺あやさんは向田邦子賞の最有力候補でありながら「該当者なし」として受賞を逃した。選考委員は大石静やら池端俊策やら筒井ともみである。トレンディドラマなどで視聴率を稼いだ人たちである。渡辺さんの価値が分からないのか分かりたくないのか。渡辺さんは2011年以降個人賞を辞退するようになったらしい。煩わされたくなかったのだろう。彼女は思ってるかもしれない。「へたれはへたれで妬いとれ」と。
スポンサーサイト
プロフィール

藤沢メイ

Author:藤沢メイ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。